トップページ > ビザ/永住/許可 > パスポート・認証

ビザ・永住・帰化

パスポート認証

パスポート認証とは

日本の官公署で発行された書類(戸籍、謄本等)を外国で使用する場合、外務省で「この書類は間違いなく日本政府発行の書類である」という認証が必要になります。これをアポスティーユ証明と言います。(→国際結婚参照)

これと同じく外国で銀行口座を開設する場合、本人確認のためにパスポートのコピーが必要となりますが、「このコピーが間違いなく本物である」という認証もあわせて必要となります。この認証作業は、私たちが行うことができます。

行政書士法(第1条の2)
次のいずれかに該当する場合は、上記1の条件が免除されます。
行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする。

パスポート認証手続き

英語・韓国語・モンゴル語・ロシア語など様々な言語の公文書・法律関連文書等の専門的な文書の翻訳に対応できます。

用意するもの
  • パスポートとそのコピー
  • 運転免許証など身分を確認できる証明書とそのコピー
方法(2つ)
  1. 都合のよい日を打ち合わせしていただき、必要書類を持参の上、担当行政書士の事務所にお越しください。本人確認のうえ、その場で認証書類を作成いたします。 現金をお支払いいただき終了です。
  2. 遠隔地等で事務所に直接行くことの出来ない方は、「郵送での認証」も承っています。上記必要書類のコピーを担当行政書士の事務所宛に郵送してください。認証書類を作成のうえ、振込み先記載の請求書とともに返信いたします。

↑ページの先頭へ