トップページ > 内容証明 > 出さない方が良い場合

内容証明

出さない方が良い場合

相手を怒らせてはまずい場合

内容証明郵便は、宣戦布告の意味合いがあります。普通の手紙と違い、自分の強い決意・態度を相手に示すことになります。仮に、自分にその気がなくても、内容証明郵便をもらった相手はそのように感じ取ります。そのため、場合によっては相手が感情を害し、問題解決どころか、逆に悪化してしまうこともあります。ですから、相手が怒って問題がこじれてしまいそうな場合には、内容証明郵便を出さない方が良いということになるでしょう。 具体的には、誠意のある相手の場合や話し合いで解決できそうな場合、親しい間柄の場合ということになると思います。

相手に証拠を握られてはまずい場合

内容証明郵便は、証拠を残すために出すというのが本来の目的ですが、自分の証拠になるということは、相手の証拠にもなるということを忘れてはいけません。 また、たとえ内容証明郵便を送る場合でも、自分にとって不利なことはご丁寧にも書かないことです。自分にとって不利な内容は、相手に証拠として利用される恐れがあります。

相手が倒産・夜逃げでもしそうな場合

相手が倒産・夜逃げでもしそうな場合に内容証明郵便を送っても、効果は期待できません。それどころか財産を隠されたりするかもしれません。このような場合は内容証明郵便など出さずに、仮差押え、訴訟などの強行手段をとった方が良いでしょう。

↑ページの先頭へ