ルート行政書士事務所

コラム「コゴト!ぽんっ!」

「「マイナポイント」申込み低調」 ( 2020-01-08 )
こんにちは、塚本です。
昨年10月の増税後の消費活性化策の一つとして、マイナンバーカードの所有者を対象に最大5000円がポイントとして還元される「マイナポイント」の制度が9月1日から始まりました。
マイナポイントは、今年の6月まで実施されていた「キャッシュレス・ポイント還元事業」と比べて上限額は低いものの、還元率は25%と高く設定されており、多くの人にとってメリットのある制度ですが、開始から1か月経過した現在でも申込者は約660万人にとどまっています。
その大きな要因として、制度利用の前提となるマイナンバーカードの取得率が低いことが挙げられているため、来年3月から健康保険証として利用可能となるなど、マイナポイント以外の利便性についてもアピールしていく必要がありそうです。

法務ニュース

2015-09-18
建設
国交省の有識者会議において、改正建設業法で新しく許可業種となった「解体工事業」の技術者資格等の詳細が決定されました。建設業のとび・土工工事等の許可によって解体工事を行っていた事業者様は、2016年6月から3年の経過措置の間に、解体工事の許可を取得する必要があります。余裕をもったお手続を。 →関連ページ
  • 行政書士実務NET
  • 行政書士合格保証講座