トップページ > 悪徳商法 > 契約する前に

悪徳商法

契約する前に

勧誘を受けたときに心がけることとして、下記の点があげられます。

◆どのような形で業者がアプローチしてきましたか?その業者の会社名・担当者名は?

◆商品説明はどのように行われましたか?

◆ちらし・パンフレットをもらったならちゃんと保存しておきましょう。

◆商品の説明は詳しく聞き、担当者のセールストークで自分が惹かれた部分、逆に気になった部分があれば、メモをとっておきましょう。また、その販売会社の事、他の商品のことなども聞いて見ましょう。

◆契約書はよく読みましょう。
  • 商品、サービスの価格
  • 支払方法 現金?クレジット?
  • 保証期間
  • クーリング・オフは できる?できない?
  • 商品の返品ができる?
  • 違約金の定めがある?
  • 損害賠償についての記載がある?
  • お客様相談窓口がある?
  • 小さな字ですみのほうに書かれていることはありませんか?

◆契約書面をよくチェックし、もう一度よく考え、契約日は後日にするほうが賢明です。その間に他の商品と比べてみたり、家族の意見を聞いたりしましょう。冷静になって考え、必要でないと感じたなら、はっきり断わる勇気も必要です。本当にその商品(サービス)が必要であるならば、契約をする前にもう一度契約書をよく確認しましょう。契約に責任を持つということを忘れないように。

↑ページの先頭へ